無い袖は振れない

未分類

債権回収を行う相手の状態は把握することが必要になります。特に返済できるかはかなり重要なところです。その点をよく考えて相手に債権回収を行うようにしてください。

回収を行わないといけない相手も、返済できるのに返済しないという人ばかりではないです。中には返済したくても資金が足りないということもあります。ですから、そのような人に債権回収を行う際はよく考えてください。状態によっては一度少額でも良いから返済させるようにする方法や交渉で上手く返済しやすくするなどの方法を取ると良いでしょう。どのような方法が出来るかや交渉などは弁護士に相談をしてより良い方法で解決するようにしてください。そうすることで、相手の方も返済がかなり楽になる場合があります。ただし、返済できるのに返済しないという人はもう少し強気にいった方が良いです。

弁護士による交渉などによっては相手にかなり有利になる返済方法を提示することが出来る場合があります。それを上手く使うことで返済が出来るならそれをして回収を行うのも良いでしょう。ただし、それでも返済できないという場合もあります。そのような場合どうするかをよく考えて処理するようにしてください。何も無理に返済をせがんで相手を破産させる必要はないですから、相手のことを考えつつ弁護士に相談をするようにしましょう。

Pocket